【ITパスポートの試験】

ITパスポートで年収はアップする?

ITパスポート資格と年収

ITパスポートの資格を持っていることが、直接収入や年収にプラスに作用するかどうか?これもなかなかむずかしい問題です。ITパスポートの取得者というだけでは、年収アップはまず期待できないところです。その理由も「ITパスポートは、コンピュータを扱うすべての職業人に必要な知識」ということに集約されそうです。ITパスポートはやはり、エントリー(入門)レベルの試験なのです。

ITパスポートは、IT系の資格として日本一有名な「情報処理技術者試験」のひとつです。情報処理技術者試験では、スキルの習熟度を剣道などの「段」のような感じで7段階に分けて評価しています。これは、経済産業省が定めたITスキルの共通フレームワークであるITSS(ITスキル基準)に従ったものです。その内訳は、以下のようにレベル分けされています。

レベル1: エントリー試験(ITパスポート試験)
レベル2: 基本情報技術者試験(旧二種)
レベル3: 応用情報技術者試験(旧ソフトウエア開発技術者試験、旧一種)
レベル4: 各種上級試験(旧テクニカルエンジニアなどの上級試験。試験の合否と「業務経験」が判定に利用される)
レベル5~7: 面接と業務経験により判定される

プログラマーやエンジニアなどIT技術者として働く人たちが、自分の取得している取得を評価され、それが資格手当などで収入に還元されることは、多くのIT企業で行われています。しかし上にレベル分けされた試験のなかで、実際にプログラムの設計や開発をするスキルは、最低でもレベル2の「基本情報技術者試験」の知識がなければ行えません。
つまりITパスポート資格では、ITエンジニアでも、その他さまざまな職業に就く人でも、資格が直接収入に結びつくことはない、ということですね。

しかしITパスポートの資格を持っている人が、そのスキルの高さの分だけ、早く・正確に仕事を処理できるようになることには疑問の余地がありません。エクセルを使ってクロス分析などの高度なデータ処理をすることも、コンテンツの再利用をしてドキュメントをきれいに作ることも、ITパスポートのスキルがあると早くできるようになります。ネットショッピングなどで、売れる仕組みづくりに貢献できたら、仕事に対する評価はきわめて高いものになるでしょう。

社会人の収入や年収の評価は、個人が保有している資格よりも、会社の業績への貢献度で決まります。ITスキルを活かして内容の濃い仕事をすることで、結果的にボーナースや基本給のアップが達成されることは十分にあり得ます。ですから年収のアップについても、ITパスポートの資格が間接的に後押ししてくれるということは、言っても差支えないでしょう。

>>年収アップのためにITパスポートを最短で取得する勉強法