【ITパスポートの試験】

ITパスポートのメリットは

ITパスポートで学んだ知識を深めると、それはあなたの武器になります

ITパスポートを取得することの一番のメリットは、みなさんは何だと思いますか?
僕はそれは、『PCスキルは誰もが一生使う技術。だから若いうちに基礎はしっかりマスターしておいた方がいい』ということだと思うのです。
何年パソコンを使っていても、ファイルの圧縮くらいの事もできない人はたくさんいますよね。その反対に会社と自宅でネットワークの設定を変えて、ノートパソコン一台でバリバリ仕事をしている人もたくさんいます。

もともと「パソコンが好き」とか「マルチメディアが好き」とか、そういう方ならITパスポートの勉強なんかしなくても、ITの使い方はどんどん上手になっていくのだと思います。『好き!』には誰も勝てません。でもみなさんが、言い方はよくないかもしれませんが、パソコンオタクのような人でなかったとしたら。やはり少々我慢をしてでも、ITのことは勉強した方が、必ずトクにつながると思うのです。

それからオタクさんには失礼かもしれませんが、ITパスポートの試験では、オタクさんには興味のないような、でも会社の業務を行う上では非常に大事な知識もたくさん身につきます。それはたとえば、「電子商取引の仕組がわかるようになるとか」、「コンプライアンス(企業の事業活動に関する法令や企業倫理などを守ること)の考え方がわかるようになる」とか、まだまだたくさんありますが、そういう大事なことです。

ビジネスというのは、どこの会社でも業績を上げるよう、しっかり仕組み(戦略)立てて行われています。また会社と会社の間には、健全でウソのない取引きが行われるよう、お互いが守らなければいけないルールというのもあります。そして今日では、そうしたことの隅々にまでITの技術が浸透して世の中は動いています。
順序は逆になりますが、ITの勉強(ITパスポート)から入ることで、将来的に主任さんと係長さんになった時に必要とされるITマネジメント技術を、基礎だけでも先取りして学ぶことができるのです。

またITパスポートの勉強をすることには、将来の選択肢が広がりやすいメリットあると思います。
まだ試験の歴史が浅いのでその事例はないかもしれませんが、ITパスポートを勉強したことでITが好きになり、エンジニアになる人も出てくるのではないでしょうか。
経営者の立場に立って経営とITの橋渡しするいわゆる「ITコーディネータ」へのステップアップですと、これはもうグンと現実味をおびてきます。
ほかにもネットショップの企画・運営を任されるとか、またコンプライアンスの考え方がしっかりできる方ですと、総務や法務の仕事にも一歩近づけるとか。ITパスポートの知識は、会社員としてのあなたの未来にいろんな選択肢を見せてくれます。

社会人の誰にも求められているITパスポートの知識は、その深め方次第で必ずあなたの武器に変わります。

>>年収アップのためにITパスポートを最短で取得する勉強法